HOME 里山道の駅map 里山の商品 里山の本 運営者紹介 お問合せ

   里山バイオマス 

里山バイオマスとは、里山に存在するバイオマス資源のことです。具体的には、間伐材、稲藁などの木質バイオマスが中心となります。

実際に利用できる木質バイオマス燃料には、森林の伐採現場で発生する林地残材、製材所等で発生する製材残材、果樹や街路樹の剪定枝、そのほか建設工事における廃材などがあります。

このうち、よく用いられるのは林地残材と製材残材です。また、今回の東日本大震災の津波によって多くの廃材が発生しました。これらも今後バイオマス燃料として有効活用されてゆくでしょう。

日本は森林国家なので、もともと木質バイオマス燃料は豊富にあるのですが、一方で、その利用にはいろいろと困難が伴います。

たとえば、林地残材の場合、その多くが林業現場から搬出されずに残されています。これは、日本の場合、地形状の理由などから、これらを収集・運搬するためのコストが高くつくからです。

また、林地残材の利用のためには大型機械の導入が必要となり、この費用も大きな負担です。こうした理由のため、現状では林地残材を簡単に利用することができないのです。

日本は木質バイオマス燃料が豊かな国であり、木質バイオマスビジネスは将来性のあるビジネス分野です。

それでも、木質バイオマスビジネスはまだ導入期にあることから、事業が成長期に入るまでは公的な助成も必要だといえるでしょう。



Copyright © 2005 satoyama-club.com